本サイトでは標準SQLについて解説していきますが、まず、以降のページで使用しているサンプル用のテーブルを定義します。

なお、DBMSには標準SQLに準拠しているPostgreSQLを使用しています。PostgreSQLのインストール方法や使い方などについては下記サイトを参照してください。

PostgreSQLではじめるDB入門
http://www.db-study.com/

テーブルの作成とデータ挿入

データベースに接続し、以下のSQLを実行し、Staffテーブルを作成します。

CREATE TABLE Staff
(id             CHAR(4)    NOT NULL,
 name           VARCHAR(32) NOT NULL,
 age            INTEGER,
 PRIMARY KEY (id) );
BEGIN TRANSACTION;
INSERT INTO Staff VALUES ('0001', '山田太郎', 28);
INSERT INTO Staff VALUES ('0002', '佐藤達弘', 34);
INSERT INTO Staff VALUES ('0003', '木村幸平', 50);
INSERT INTO Staff VALUES ('0004', '神埼恵美', 22);
COMMIT

CREATE TABLE文でStaffテーブルを作成し、INSERT文でデータを挿入しています。各SQLの詳細について以降の記事で順に見ていくので、ここでは上記したSQL文を1行ずつ実行してください。

続けてもうひとつ、以下のSQLを実行し、Employeesテーブルを作成します。

CREATE TABLE Employees
(employee_id    CHAR(4)    NOT NULL,
 name           VARCHAR(32) NOT NULL,
 email          VARCHAR(100),
 phone_number   VARCHAR(32),
 hire_date      DATE,
 job_id         VARCHAR(10),
 salary         INTEGER,
 manager_id     CHAR(4),
 department_id  CHAR(4),
 PRIMARY KEY (employee_id) );
BEGIN TRANSACTION;
INSERT INTO Employees VALUES ('0001', '山田太郎', 'aaa@abc.com', '00000000000', '1984-4-1', 'AD_PRES', 500000, '', '0010');
INSERT INTO Employees VALUES ('0002', '佐藤達弘', 'bbb@abc.com', '11111111111', '2002-11-1', 'IT_PROG', 300000, '', '0050');
INSERT INTO Employees VALUES ('0003', '木村幸平', 'ccc@abc.com', '22222222222', '2014-4-1', 'IT_PROG', 250000, '', '0050');
INSERT INTO Employees VALUES ('0004', '神埼恵美', 'ddd@abc.com', '33333333333', '2017-4-1', 'ST_CLERK', 220000, '', '0100');
INSERT INTO Employees VALUES ('0005', '高木龍之介', 'eee@abc.com', '44444444444', '2017-10-1', 'IT_PROG', 210000, '', '');
INSERT INTO Employees VALUES ('0006', '青木和也', 'fff@abc.com', '55555555555', '2018-4-1', 'ST_TRAIN', 210000, '', '');
COMMIT;

以降の記事では今回作成した2つのテーブルを使って、標準SQLについて詳しく見ていきます。